1. トップページ
  2.  / 
  3. よくある質問

よくある質問Q&A

自然素材を生かした「注文木造住宅」と快適性と利便性を追求した「リフォーム」の『前田組』のウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。こちらのページでは、弊社に寄せられた「注文住宅」についてのお問い合わせの中で、頻度の高かったご質問とその回答を掲載しています。なお、以下の内容以外でご不明な点やご質問などがございましたら、お気軽にお問い合せください。

お問い合わせ・ご相談

Qどのような工法で建てれますか?
A木造の軸組み工法とツーバイフォー工法です。
Q坪単価はいくらぐらいですか?
A軸組み工法で60万~80万円。ツーバイフォー工法で50万~70万円程度です。ただし、坪単価はあくまで目安です。 注文建築ですので、一件一件坪単価は異なります。
Qどの地域まで施工可能ですか?
A本社(寝屋川市大成町)より車で片道1時間半までを目安としています。
Q建替えとりフォーム、どちらが良いかわからないのですが・・・
A建替えるとなると今の家の大きさが確保できなくなるケース等、今お住まいのお家により条件、内容は異なります。ぜひ度ご相談ください。
Q工期は何ヶ月ぐらいかかりますか?
A一般的に4ヶ月程です。ただし、建築する家の大きさにより異なる場合がございます。
Q仮住まい先や引越し屋さんは紹介してもらえるのですか?
Aはい。 関連会社であるマエダエステートの管理物件を紹介させていただくこともできます。
Q引越し後の点検はきてもらえるのですか?
A点検はお引渡し後、1ヶ月・半年・1年・2年・5年・10年と定期点検として訪問致します。

お問い合わせ・ご相談

Q何から始めればいいんですか?
A今の家の不満店を書き出してみましょう。 「何となくリフォームしたい。」が出発点でもOKです。でもそれだけでは、どのような家にしたいのか、理想の形がよく分かりません。先ずは家族会議を開いて、今の家に対する不満点をみんなで挙げてみてはいかがでしょう。「キッチンが暗くて狭いのがイヤ」「お風呂が汚くなってきている」「リビングが寒い」など、できるだけ具体的に今の家に対する不満を出していくと、理想の家が見えてくるのではないでしょうか。
Qいきなり会社に電話してもいいんですか?
Aぜひ、お電話ください。 どんなに些細なことでも結構です。家のことであれば、どんなことでも相談に乗らせていただきますので、お電話お待ちしております。
Qこちらから会社に行ってもいいんですか?
Aもちろんです。いつでも、歓迎いたします。 前田組では、皆さんにお越しいただき、会社の取組みや施工方法などを見ていただくことの出来る『住まい体感ギャラリー』をOPENしています。前田組が考える『家づくり』を、ぜひチェックしてください。
Q家に来るのは1回だけですか?
A数回にわたって、打ち合わせにお伺いいたします。 見積りについても、プランについても、一度提案したものが最終ではありません。ご納得のいくまで、何度でも修正を加えて、ご要望に近づけていくものだと思っています。その間、何度でもお伺いさせていただきます。
Qあまり細かく注文を出すと嫌がられませんか?
A絶対に、そんなことはありません。どんどん注文してください。 なるべく具体的に多くの要望を聞いたほうが、プランニングしやすくなります。できそうにないことでも、自分の要望、家の問題点は、どんなことでもお伝えください。その中から、できる限りのことを考えるのが、前田組の仕事です。
Q漠然としたイメージしかないんですけど、大丈夫ですか?
A大丈夫です。心配ありません。 「リビングが狭くて窮屈」「この和室はいらない」など、漠然とでもこうしたいという希望があれば、それだけ伝えていただいても大丈夫です。その言葉の中から、皆さんの理想の形を考えて、いくつかのアイデアを提案させていただきます。
Q希望はどうやって伝えればいいんですか?
Aどんな方法でもOKです。 方法としては、自分のイメージに合った雑誌の切り抜きなんかを用意していただけると、担当者もイメージが掴みやすくて助かります。普段からイメージに合うものをファイルしておくと便利です。資料請求したカタログをチェックして、気に入った設備なども一緒にファイルしておくのはいかがでしょうか。

見積り・ご契約

Q費用は、どういうところで変わるんですか?
Aリフォーム・プランの内容と選ぶ設備や材料で変わってきます。 リフォーム費用は、人件費と材料費で構成されています。工事範囲が広がると人件費も材料費もアップするので、費用がアップします。設備や材料のグレードによっても、全体のリフォーム費用は変わってきます。
Qリフォームでもローンは組めますか?
A組めます。 リフォームローンは民間の銀行や公的機関で取り扱われています。金利や条件、諸費用の違いなど、複数のローン商品の内容を慎重に比較検討して、自分にあったローンを選択してください。
Q電話で、いくらで出来るかを聞いてもいいんですか?
A電話で聞いていただいても結構ですが、電話だけでは正確にお答えできません。 リフォームは、今の家の劣化状態がどうであるかによって、工事の内容も変わってきます。電話では、先ずそれが分かりませんし、どのようなプランにするのか、どんな材料を使うのか・・・すぐには決められないことが数多くあります。そのため、仮に費用をお伝えしても、かなり大雑把な目安にとどまってしまうと考えておいてください。
Q予算は、正直に言わないといけませんか?
A大まかでも結構ですので、教えていただけると助かります。 営業担当としても、予算を教えてもらえないようでは本気かどうか、判断に困ります。また、どの程度の規模で提案すればいいのかも分かりません。大体の目安になる予算を教えていただくことがプラン決定の早道です。
Q見積りの打ち合わせは家に来るんですか?
A現場調査も兼ねて、お伺いさせていただきます。 見積りを出すためには、サイズや劣化状態などの家の現状を調査する必要があります。それが、現場調査と言われるもので、プラン作成や見積り作成には、欠かすことができない作業です。
Q他社の見積りをとっていることは、隠すべきですか?
A常識的なことですので、隠す必要はないと思います。 複数の会社に見積りをとることは、一般的に行われていることなので、心配ありません。中にはそれを嫌う会社もありますが、前田組の営業マンは、それを聞いて一層ヤル気が出てきます。
Q結局、見積りの安いところに決めればいいんですか?
A安くても、内容が伴わなければオススメできません。 プランの内容や材料、設備をしっかりチェックしてください。その内容が自分の要望を満たした上で納得がいって、工事費が予算内なら決まりだと思います。そうでなければ、自分の納得のいくまで検討してください。
Qプランを出してもらったら、契約しなくてはいけないんでしょうか?
Aそんなことはありません。 プランや見積りはあくまで、比較検討材料として使っていただくものです。提案したからといって、契約していただけるとは思っていませんし、他社や自分の希望と照らし合わせて、納得いくまでプランや見積りの提案をご要望ください。十分な比較検討を行った上で、納得のいく会社と契約してください。

工事・受け渡し

Qどんな人が工事をするんですか?
A前田組では、それぞれの専門職が担当いたします。 前田組では多くの大工さんや設備工事会社などと協力体制を整えています。その協力会社の中から工事の内容によって、それぞれの専門職が前田組の管理の下で工事を担当しています。
Q壁付けキッチンを対面キッチンにすることはできますか?
A可能ですが、配管や内装工事を伴うリフォームになってしまいます。 基本的に給排水工管や換気ダクトを移設しなければいけないので、床・壁の解体、再仕上げ工事が必要になります。せっかくなので、LDK全体のリフォームを考えてはいかがでしょうか?
Q細かく仕切られた部屋を広くできますか?
A柱や壁を壊すことで、広くすることが可能です。 古い住宅では部屋数を確保するために、細々と仕切ってあることが多いものです。全面リフォームを行って、不必要な壁を取り去ることで、広い空間を作り出すことができます。ただし、構造上補強が不可能壁に関しては、取り除くことが出来ないこともあります。
Qマンションの水まわり位置を変えることはできますか?
A排水のための勾配によって、出来ない場合があります。 マンションで、キッチンや浴室など水まわりの位置を変更する場合、排水のための床勾配がどれだけ取れるかによって制約を受けます。現場調査を行ってからの判断になります。
Q契約の時にはどんなことを気をつければいいですか?
A契約書の内容を、しっかりと熟読してください。 契約書および契約約款には請負代金、着工日、竣工日、支払い期日、後期延期の場合の取り決めなどが記載されています。不明な点は必ず担当者に確認し、全てを理解・納得した上で、慎重に契約することを心がけてください。

このページのトップへ